いちねん

2010/05/19 Wed 11:38

途方もない悲しみも辛さも

時が癒してくれる


一年前の今日

突然お星さまになってしまった姪っ子は

まだ幼い顔のまま綺麗にお化粧して白無垢姿に支度してもらいひとり旅立ちました

いいようもないその姿は未だ脳裏に焼き付いています

一年前に皆さんに頂いた慰めの言葉の数々を読み返して

言葉の触れ合いって本当に温かくて大切な存在なのだと改めて思いました

生きていれば色んな辛い出来事があるけれど

立ち向かう強さを養って命の尊さをかみしめていかないといけないですよね



今日だけちょっと・・こんなこと・・つぶやかせてもらいました


☆日々・・ | トラックバック(0)