忙しさの中にも遊びも忘れません
朝いちで無料ポイント利用してダンナと
映画「俺は君のためにこそ死ににいく」観てきました

覚悟はして行ったつもりですが
ハンカチでは足りないくらい泣けました
(ダンナも?)
若者たちは一体誰のために死んでいったんだろう
純粋にお国のために死んでいった若者たちが犠牲になって
出来上がった今の日本のお粗末さ
これも悲しい現実です

先日鹿児島の知覧特攻平和会館に行った友達から聞いた話
零戦がまだ展示してあり
そのあまりにチャチな造りと
たった一人だけ乗れる座席の狭さに悲しみが増したそうだ

悲しい地となってしまった場所だけれど
私もいつか訪れて冥福を祈りたい
☆シネマやドラマ | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示
« 夏日 | HOME | お手伝い »