2017/03 ≪  2017/04 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017/05
ありがとう繋がり
2012/03/06(Tue)
タイトル読むと感動的っぽい?

期待されちゃったとしたら
アホらしい内容でごめんちゃいです。。


メール着信音オルゴールバージョン

いきものがかりの「ありがとう」検索してたら

けっこう早くに見つかって

早速にDL

DLしてから聴いてみると何かちがう・・・

近くにいた三女が
「それ何の曲?絶対ありがとうじゃないから」と言う

良く確認したら


井上陽水の「ありがとう」だった(笑)

三女は
相変わらずテンネンや!と、いつまでも爆笑してたな

使わないのも悔しいから
滅多にメールの来ない旦那の着信音にしといた
(せめて着信音でくらい感謝されたいし)

「あ~~りがとぅ♪」って曲ね
オルゴールバージョンで聴いてもさっぱりわかりゃしない


雨が続いてます

しかもいつまでも寒い

週末からだるさが抜けない

早く春が来ないかな
終わらないうちに観梅も行きたいです
この記事のURL | ☆日々・・ | CM(6) | TB(0) | ▲ top
コメント
-  -
あははははは!
違いすぎる~!
しばらくは、わんままの頭から、懐かしい井上陽水の
「ありがと~♪」っが、離れませんぞ!
2012/03/06 19:57  | URL | わんまま #90LdKUd6[ 編集] ▲ top
-  -
確かに。。。”ありがとう繋がり”i-230

同じありがとうには違いないですけどね(笑)
よくありますね^◆^;
日本の歌が同じ曲名が多過ぎるのが悪いんです(笑)
そう思う事にしましょうi-179

三女さん、知らないんだi-230陽水さんのありがとう。。。思い切りゼネレーションギャップ(汗)
2012/03/06 20:25  | URL | 竹千代 #XAjl2.RA[ 編集] ▲ top
- ☆わんままさん -
わんままさん、こんにちは♪

ウケましたか~~

確かに違い過ぎる!
メロディ&歌い手の年代違い

「あ~りがとぅ~~♪」
歌い始めると頭から離れないかも・・
あのメロディ・・呪文のように・・

滅多に鳴らない着信相手がいて良かった(笑)
2012/03/07 13:32  | URL | 奈緒 #kkLh3Uos[ 編集] ▲ top
- ☆竹千代さん -
竹千代さん、こんにちは♪

今日もイマイチなお天気でございますね
予報当たらんわ~

今時、、検索して最初に出る「ありがとう」が

まさか井上陽水とは夢にも思わなかったんです。。。

信じて疑わなかったのに・・
他にも「ありがとう」沢山あるでしょうけど

カラオケ行って曲探しすると
同じ曲名たっくさんありますよね~

> 日本の歌が同じ曲名が多過ぎるのが悪いんです

そうだ!そうだ!単純すぎるぞ!(笑)

三女も陽水の名前くらいは知ってるでしょうけど
年代的に偉大なアーティストの部類には入ってはいないでしょう

ゼネレーションギャップ・・・確かに実感してます!
2012/03/07 13:42  | URL | 奈緒 #kkLh3Uos[ 編集] ▲ top
-  -
奈緒さん、こんばんは!
「ありがとう♪」いい歌ですよねぇ~
私、最近になって昔を思い出してユーミン聴いてます。

アトムの事では、ご心配いただいてありがとうございました。赤ちゃんが大好きなアトムでした☆

スクスクと元気に成長されますように・・・・
願っています♪
2012/03/07 21:17  | URL | HaHa☆ #ZIWZ6nuA[ 編集] ▲ top
- ☆HaHa☆さん -
HaHa☆さん、こんにちは♪

ありがとう♪いい歌ですよね~
ん?HaHa☆さんの言ういい歌は「いきものがかり」の方ですよね?
ま!陽水さんのもいい歌ですが・・

ユーミンも懐かしいわ
確かアルバムあったはず
私も聴いてみようかな

懐かしい歌を聴くのも癒されていいですよね

アトムちゃん
本当に突然で・・・
上手く慰めの言葉も見つからないままで・・ごめんなさいね

悲しみはそう簡単には癒されるものでもなく
ただ時が経つのをそっと見守るくらいしか出来ません

ただ言えるのはアトムちゃんは幸せな一生だったから
絶対に幸せだったから・・
そう思います
2012/03/08 11:04  | URL | 奈緒 #kkLh3Uos[ 編集] ▲ top
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://satukibare2006.blog72.fc2.com/tb.php/1191-5b77b0a8

| メイン |