06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

感謝

2011年11月12日
今朝の新聞コラムを見て泣きました

皆さんにも読んでほしくて丸写しします

ダメな時は削除します


以下


読売新聞 ぷらざ より


母へささげる私の誕生日


先月29日は私の誕生日だった。
去年は、チョコレートシフォンケーキを用意して待っててくれた母に私は
「えーっ、バニラの方が好きなのに」
目も悪く、体が丈夫で無い母が一生懸命歩いて探してきてくれたのに、
わがままな私は、いつも
「えーっ」と言ってばかり。

本好きな私のために図書券を用意してくれた時も、
「こんな年で誕生日って、やだね」なんて言ったこともあった。

でも、今年になって初めて分かった。
誕生日は自分の為にあるんじゃない。
産んでくれた母に「ありがとう」と感謝する日なんだと。


母は3月の震災で逝った。
迫り来る波を背にしながら、私の娘を車に押し込み
「生きろ」「バンザイ」と叫んで流されていった。
そう後から聞かされた。

母に誕生日の報告をするため、
携帯電話にある「ババ」の番号にかけた。

そして大きな声で言った。

「お母さん、産んでくれて本当にありがとう」

岩手県の49歳の女性の方の記事です




朝から溢れる涙が止まりませんでした

改めて生きてることに感謝します
☆日々・・ | コメント(10) | トラックバック(0)
コメント
私も泣きました
同じ新聞ですね~

私も今朝読みました

泣けますね~

母に素直じゃない自分にも反省

今のうちにしっかり思いは伝えておこうと強く思いました
大切な事を教えてくれる記事を
載せて下さって、ありがとうございました。
わんぱぱ、わんまま二人で泣きました。
あの震災で・・・
愛する人を守って亡くなられた方が
数え切れないほどいたと思います。。。

最後の力を振り絞って、お孫さんを助けたおばあちゃん・・・これこそ日本の肝っ玉母さんなのだなって思いました。。。

すでにこの世にはいない母には感謝の気持ちは伝えられないけど・・・
生きていることに日々感謝、限られた命を大切にしていかなくちゃね。。。

奈緒さん、ありがとう。。。
☆プラムさん
プラムさん、おはよう♪

プラムさんちも読売ですか

同じ記事読まれたんですね

朝から胸が詰まってしまって辛かったです

母って健康でいてくれるといつまでも
我儘いっちゃったりします

私も素直じゃないので誕生日には特に感謝しなきゃと思いました

人間生きていれば何があるかわからないんだもの

ところでついでの話しですが・・

読売新聞連載の「川の光」読んでますか?

以前の連載の時も面白くて本が出たらすぐに買いました

今も毎日読むのが楽しみです

今日は休刊日だけど・・・
☆わんままさん
わんままさん、おはよう♪

こちらも気に留めて読んでくださりありがとう

親に対する想いなんて当たり前過ぎて
日ごろつい忘れてしまいがち

そんな当たり前のことを辛い経験をした
この方に教えられました

震災での心の傷跡は消えるものではないんですよね

せめて1人でも多く気持ちが伝わったらいいなって思いました

わんぱぱさんにも震災後にここにコメント頂いて
とっても励まされたのを覚えてます
繋がりって大切ですね

ありがとうございます
☆彩さん
彩さん、おはよう♪

まだまだあの震災の心の痛手は癒えてはいないですよね

お誕生日にそれを特別に感じとったこの方の想いが
切なくて切なくて泣けました

年齢的にもご高齢だったでしょう
最後にバンザイを言うなんて・・・
どんな思いだったのでしょうか

>これこそ日本の肝っ玉母さん

まさにそう思います

彩さんはお母様には想いは伝えられないけれど
今頑張っているのを見守ってくれてますよ

今年は特にあんな出来事があって
命の尊さを実感し感謝せねばいけないなって思いました

ありがとうだなんて・・・

こちらこそ彩さんにありがとうです

大切な想いを聞かせて貰えるのは貴重な事です
川の光
はい♪読んでいますよ~

タミーがキッドを逃がすシーンの壮絶な表現に

胸が詰まりました

面白くて朝一番の楽しみです(^O^)

本が出ているんですね~私も買おうっと♪

震災の日、東京でも続いたものすごい揺れ、私は一人で家にいて、携帯を持って、玄関ドアを開け、ノブにつかまっていました。おさまって30分くらいして、息子が帰ってきました。主人からも連絡あったし、娘は職場だし、とりあえずよかった・・・実家は大丈夫か・・・
今思うと、その時間あたりだったんですね。津波が押し寄せていたのは。
同じ日本の離れた土地で、たくさんの方々が、恐怖、悲しみ、苦しみ、悲鳴・・・
私は、テレビでどこかコンビナートが火事になっているのを見ていました。「え?!これ日本?リアル?」

教習所の車が流され、若い方が何人もなくなられたこと、幼稚園バスの子どもさんたちこと、それから、地震が起きて、津波がくるので逃げるために庭にいて、おじいちゃんに抱かれ、おじいちゃんの首に顔をつけて離れなかったという坊や。直後に津波が来てしまったそうで・・・
自分の子どもや孫と近い年齢の方のことは、とくに頭から離れません。折々に思ってしまい、たまらなくなります。

奈緒さんのご紹介くださったお母様のお話。
母という人は、まるで母が生まれた時から、母として生まれたかのように・・・生きているんじゃないかと思ったことがありました。もちろん母たちにも小さな頃も青春時代もあったわけですが。(私も母親にはなっていますが・・何か違って)
「生きろ」「バンザイ」もう・・・言葉がありません。
ずっと、頭から心から、離れないと思います。
だから、せめて、自分が目にした記事の方々のことを
「忘れません」って思っています。
私も・・・奈緒さんありがとうございます。



☆プラムさん
プラムさん、おはよう♪

やっぱり読んでましたか

面白いですよねぇ~~

優しげなタミーの様子が手にとるように伝わってきて
今はどうしてるんだろうと気になって仕方ありません

実家の母に最初から切り取ってあげればよかったと思ってます

> タミーがキッドを逃がすシーンの壮絶な表現
本当に凄かったよね
人間が憎たらしくなりました

私も毎日楽しみなんですよ~

本になると聞いて即Amazonに注文したのですが
今日探したら見つかりません

母に貸したままなのかなぁ
地震の時にもめちゃくちゃになったけど
捨てた覚えはありません

私もまた読んでみたいです

ネットで見たらDVDもあるんですね
☆Rosemomさん
Rosemomさん、おはよう♪

東京もそりゃもう大変な震災だったんですよね
比べようもないと思ってる方が沢山いらっしゃるけど
都会ならではの恐怖はまた違ったものだったはずです

Rosemomさんの体験も聞かせて頂きありがたいです
お1人で怖かったでしょう?
いろーんな事が想いをよぎり
かと言って情報は集まらないし

私もあの物凄いコンビナート火災さえも知らなかったんですよ

津波の情報ばかりラジオから流れてましたから
茨城の被害状況さえもわからなくて・・・

想像もできないくらいの沢山の方たちが
恐怖に怯え悲しみにくれていることの想像さえつきませんでした

実感が湧いたのは電気がきてからです

かと言ってどうする事も出来ず祈るのみでした


> 母という人は、まるで母が生まれた時から、母として生まれたかのように・・・

本当にその通り
母は産まれたときから自分にとってはずっと母なんです

当たり前に過ごしててもやはり母も1人の人間
想いはしっかり伝えてあげなきゃって思いました
元気なうちに・・・

この方の記事に出逢って良かったです
この方の想いが聞けて良かったです

Rosemomさんにも伝わってくれて良かった

私からも感謝します

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。